短期記憶の忘れる速度について

短期記憶の忘れる速度について

人間の脳は短期記憶と長期記憶があります。あなたも覚えてもすぐに忘れてしまう事もあれば、いつまでも覚えている事があるでしょう。

 

もちろん、すぐに忘れるのを短期記憶と言い、いつまでも覚えていることを長期記憶と呼びます。

 

ここでは、短期記憶の忘れる速度について紹介します。もちろん、専門家の意見を紹介します。

 

 

まず、「エビングハウスの忘却曲線」という言葉をご存知でしょうか?

 

ドイツの心理学者であるエビングハウスが見つけた法則です。それによると、覚えただけで反復しないと20分後には42%を忘れているそうです。

 

1時間で56%を忘れて、9時間で64%を忘れ、6日後には75%も忘れてしまうそうです。

 

 

その後もゆっくりと忘れて最終的には8割を忘れてしまうとされています。

 

しかし、残りの20%は長期記憶として覚えているそうです。つまり、人間は覚えたものは、復習をしないと時間とともにどんどんと忘れていきます。

 

ただし、忘れる部分については、段々とゆっくりになる傾向があるようです。

 

 

そして、忘れるという部分を乗り越えたものだけが、長期記憶としていつまでも覚えているとされています。

 

この法則のことを「エビングハウスの忘却曲線」と呼ぶわけです。

 

実際に私が驚いたのは、20%も人間が覚えているという結果にすごいと思いました。

 

 

ただし、この20%と言うのは、単独で覚えているかと言えば、そうではなく多分ですが、連想させるとか、きっかけがないと思いだせないことも含まれているでしょう。

 

学校の頃テスト勉強をするかと思いますが、以前にやった勉強の部分だと、忘れていたはずの部分が再び勉強をすることによって、どんどん思いだされることがないでしょうか?

 

それが20%に入るのだと思います。

 

 

でも、脳って言うのはやっぱり、インプットとアウトプットが重要でさらに繰り返して勉強することが大事だということが分かりますね。

 

余談ですが、最近の研究で人間は覚える速さと忘れる速さが同じだと言う研究結果もあるようです。

 

つまり、覚えるのが早いけどすぐに忘れる人もいれば、覚えるのが遅いけど忘れるのも遅い人もいるとされています。

 

 

このあたりもすごく興味深いところですね。成長が早くて途中から成長しない先行逃げ切り型と大器晩成型がいるということも言えるでしょう。

 

しかし、どちらであっても繰り返して勉強することは大事だと言えます。

 


 

効果的な勉強方法を知りたい

もっと記憶力を良くしたい

そのような方はこちらをお勧めします。

当サイトで最もお勧めしている勉強法です。

お勧め勉強法はこちらから