潜在意識と記憶力

潜在意識と記憶力の関係について

潜在意識と記憶力の関係なのですが、密接に関わっているとされています。

 

話は変わりますが、生死の境を彷徨ったとされる人が「人生が走馬灯のように流れた」という話を聞いたことがないでしょうか?

 

この走馬灯のように流れたと言うのは、多くの方が語っていることなので本当のことなのでしょう。

 

ここで注目したいのは、普段は忘れていることでも、潜在意識の中には眠っていてそれが生死の境に達したことで、何らかの原因で記憶から引き出したということでしょう。

 

つまり、私達は普段思い出せないことでも、潜在意識の中ではしっかりと覚えているとされています。

 

その関係でふとしたことから思い出せるようになるとされているのです。

 

 

3年ほど前に学習したことを、もう一度復習したとします。

 

普通で考えれば3年間何も使っていない事だったので忘れていて、また1から覚えないといけないのが普通だと考える人もいます。

 

しかし、いざやり始めてみると昔やったことを憶えていて、前回よりも簡単に覚えることが出来たなどの経験はないでしょうか?

 

これは顕在意識の中では忘れてしまったことを、勉強したことにより潜在意識から無意識で引き出したことを意味します。

 

昔の潜在意識に眠っていた記憶が、2回目の学習を助ける結果になったわけです。

 

催眠法という勉強法を提唱する人がいますが、あれも潜在意識の中の記憶を引っ張り出すことを重視した学習法です。

 

 

潜在意識から記憶を引き出すポイント

 

潜在意識から記憶を引き出すポイントですが、多くの学者が重要視するのはアルファ波です。

 

つまり、リラックスした状態と言うのがすごく重要だと言えます。

 

プレッシャーがかかっていてアルファ波が出ていない状態では、潜在意識の記憶を引き出すことが全く出来ないわけです。

 

人によっては、寝る直前のリラックスした状態が大事とすら言い切る学者までいます。

 

近年、脳科学の発達などでだいぶ進化して記憶力と潜在意識の関係もかなり解明されました。

 

今の時代、効果的な記憶術を持っているかどうかで勉強の質などは大幅に変わってくると言えるでしょう。

 


 

効果的な勉強方法を知りたい

もっと記憶力を良くしたい

そのような方はこちらをお勧めします。

当サイトで最もお勧めしている勉強法です。

お勧め勉強法はこちらから