手と脳の関係

手と脳には密接な関係がある

手と脳には密接な関係があります。

 

これは、何となく気が付いている人も多いのではないでしょうか?

 

最近では脳科学の進歩でさらに、効率のよい勉強法があるようですが、手を使って覚えるという方法は相変わらず強力です。

 

実際に、脳科学の本などは、高額セミナーへの誘導が多く真実に蓋をしていたりする本もあります。

 

それを考えると、下手に脳科学の勉強をするよりも、普通に手で書いて覚える勉強の方が圧倒的に効率がよい場合も少なくありません。

 

 

書くことで覚えるは効率がいい

 

特殊すぎる記憶術なども存在します。

 

その場合は、マスターするのに非常に難易度が高い場合もありそれだったら、普通に書いて勉強した方が効率がよいことも少なくありません。

 

実際に記憶するためには、文章を読み上げるよりも手で徹底的に書いた方が覚えやすいということが言えます。

 

実は私の場合は、学生時代にすでに何となく分かっていて、徹底的に書いて勉強していました。

 

脳と手は意外と近い位置にあり密接に関わっている証拠とも言えるでしょう。

 

実際に、手にノートで書いて覚えると言うのは非常に有効な方法です。

 

音読が大事と言う方もいますが、私は手が一番強力な学習ツールでした。

 

下手な暗記法を使うよりも手で書いた方が早いというお話です。

 

 

手が書いて暗記すること

 

手で書いて暗記するコツなのですが、どんどん何も考えずにお構いなしにノートに書いて行っても中々覚えることが出来ません。

 

手で書いて覚えるコツなのですが、なるべくゆっくりと丁寧な字を書いて覚えるようにしましょう。

 

これが暗記するコツと言えます。

 

手で書いて暗記しようとしている人がいるとしたら、なるべくゆっくりと丁寧に書くことを考えてください。

 

ゆっくり丁寧に書いていたら、勉強がすすまないじゃないか!と思う人がいるかも知れません

 

しかし、ゆっくり書かないと中々暗記が進まないので、結局のところゆっくりと丁寧に書いた方が勉強の効率がよいという事になります。

 

最後に、もう一度繰り返しますが、古典的な勉強方法に思えるかも知れませんが、脳と手は密接な関係であり、手で書いて覚えるのは大変有効な方法です。

 


 

効果的な勉強方法を知りたい

もっと記憶力を良くしたい

そのような方はこちらをお勧めします。

当サイトで最もお勧めしている勉強法です。

お勧め勉強法はこちらから