3段階記憶法について

記憶力を構成する3つの要素

記憶力には3段階があると言われています。

 

記憶力に関する勉強をしたことがある人であれば、知っているかも知れませんね。

 

記憶の3段階と言うのは、分かりやすく書くと主に3つに分けられます

 

 

脳に記憶させる

 

本などの内容を脳の中にインプットされる作業のことです。

 

これがスムーズに出来ないと、中々覚えることが出来ません。

 

記憶術などでも、まず重要視されるのが脳に記憶させるインプットの作業です。

 

 

記憶の保持

 

憶えた記憶を忘れないように頭の中で保持しておくことも大事です。

 

一夜漬けという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、試験が終わるとすぐに忘れてしまうのは保持が出来ていない証拠と言えます。

 

どのようにすれば記憶の保持が出来るかという事も勉強する上で非常に重要です。

 

すぐに忘れてしまったら、同じところを何度も勉強しなければいけないでしょう。

 

1回で記憶の保持が出来れば、1回勉強すれば覚えているわけですから、勉強効率もかなり上昇するはずです。

 

 

アウトプット

 

脳に中に入っていて、保持もされていても素早くアウトプットして使えないと意味がありません。

 

必用に応じて、いつでも脳の中から必要な情報を取り出す技術も重要です。

 

これが出来ないと、中々思い出すことが出来ずに苦労します

 

中には、何となく覚えているけど・・・言葉に出せないなど問題が生じることも少なくありません。

 

記憶のアウトプットという技術も非常に大事です。

 

 

記憶の3段階を強化する

 

これらの記憶の3段階を強化することで、記憶力と言うのは非常に上がります。

 

若い人の場合でも使わなければ衰えますし、逆を言えば年配の方でも記憶の3段階を強化することで記憶力は飛躍的に高まるでしょう。

 

ここでは、記憶には3つの要素があり、この3つをバランスよく強化することが大事だと分かれば問題ありません。

 

記憶のインプット、アウトプット、保持の3段階は非常に大事ですね。

 

これらを強化するには、ちょっとしたコツがありコツを覚えれば効果的に学習が出来るでしょう。

 


 

効果的な勉強方法を知りたい

もっと記憶力を良くしたい

そのような方はこちらをお勧めします。

当サイトで最もお勧めしている勉強法です。

お勧め勉強法はこちらから