資格ブームと記憶術について

資格取得と記憶術について考えてみた。

近年は資格ブームになっています。

 

人によっては、数多くの資格を持ちカリスマになっている人も多いです。

 

ネット上でも40代で取得出来る資格とか主婦でも取れる資格、履歴書に書ける仕事など様々な状況に応じて取得できる資格を探している人は大勢います。

 

その背景には、日本独自の文化でもあった終身雇用が崩壊したなども背景にあるようです。

 

今の会社にいられなくなってしまった時に、資格が何もないと再就職先もないと言う方も少なくありません。

 

履歴書に資格の欄に運転免許証しかないのと、様々な資格が並んでいる場合は、「こういうことが出来る」というのをアピールすることが出来るわけです。

 

面接などの初対面では、「やる気がある」とか「腕がある」と口でアピールするよりも「●●の資格」が履歴書に書かれていた方が印象が強いともされています。

 

そういう意味でも、近年資格ブームが社会現象になるのは、当たり前になってきているわけです。

 

他にも、社員にTOEICを推奨している会社や日本であっても社内の言語が英語を公用語にしてしまった会社もあります。

 

そうした経緯から、これからの社会の流れとしてよりレベルの高い資格を会社が求める世の中になるはずです。

 

仕事を持ちながら限られた時間の中で資格取得のための勉強を行わなければいけなくなった人も少なくありません。

 

そうした時に、如何にして効率よく勉強するかと言う意味で記憶術が見直されてきました。

 

短時間で覚えることを目的とした暗記術などは、忙しい社会人にとっては非常に重宝されます。

 

様々な流派の記憶術がありますが、場合によっては簡単にマスターできる人もいてお金が掛かっても元が簡単に取れる方もいるようです。

 

資格取得のための勉強と言っても所詮は記憶術が大きな要素を締めます。

 

暗記重視の勉強について、非を唱える方はかなり多いのですが、やはり勉強の基本は暗記と言えるでしょう。

 

資格の難易度も年々上昇傾向にあるので、それを考えれば記憶術も重要度を増してきたわけです。

 

資格の難易度が上がれば上がるほど、比例して記憶術も重要になってくる世の中になってくると言えるでしょう。

 


 

効果的な勉強方法を知りたい

もっと記憶力を良くしたい

そのような方はこちらをお勧めします。

当サイトで最もお勧めしている勉強法です。

お勧め勉強法はこちらから