ビジネスと記憶力の関係

ビジネスも記憶力が大事なんです。

ビジネスも記憶力が大事です。

 

これを言うと、ビジネスに大切なのは、考える力とかアイディアが大事だと言う人もいるでしょう。

 

しかし、私はそれでも記憶力が大事だと言います。

 

よく仕事などで評価されない人を見ているとあることが分かりました。

 

それは、最初の仕事を憶える段階で仕事が出来ないという烙印を押されているという事です。

 

どんなに発想力のある人でも最初は暗記から始まります。

 

その暗記の段階で覚えが悪いと仕事などでも、最初で躓く結果になるわけです。

 

この最初の躓きが原因で仕事などの人間関係もうまく行かない事も多いと言えます。

 

 

つまり、仕事を憶える段階で教えてくれる方の説明を記憶する能力を磨けばそれだけでうまく行くパターンもかなりあります。

 

多くの場合でビジネスでかけているのは、記憶力になるわけです。

 

ビジネスは考える力が大事だと言いますが、記憶力だけで他の人よりも多くの成果を上げることも可能と言えます。

 

 

あと、色々な知識があると相手に尊敬されるので、仕事もスムーズに行くことも多くなると言えるでしょう。

 

ジャーナリストの池上彰さんなどは、圧倒的な記憶力で様々な知識を身に着けて評価されています。

 

自分の考えをいう分けでもなく、色々なことを知っていることで評価されているはずです。

 

この場合も元になっている能力は暗記力ではないでしょうか?

 

 

ビジネスと言うと、発想力や社員をまとめる力などが重要視されますが、実際には記憶力と言うのも非常に重要です。

 

あと、先に池上彰さんの事を出しましたが、池上さんを見ていて思うのは60歳を超えても十分に知識を蓄える事が出来るという事です。

 

 

どんな仕事でも最初は仕事内容を憶える必要があります。

 

最初から自分の思ったようには出来ません。

 

それを考えれば仕事を記憶させる能力は非常に重要です。

 

逆に中々、仕事を憶える事が出来ないと、評価が悪くなるので注意が必要と言えます。

 

私も人にアドバイスする立場にもあるわけですが、最初はとにかく家で勉強をしてでも仕事を憶えろと言っています。

 

もちろん、最初で躓くことが無いようにするための配慮ですね。

 

基本的に記憶力を必要としない仕事はありません。

 


 

効果的な勉強方法を知りたい

もっと記憶力を良くしたい

そのような方はこちらをお勧めします。

当サイトで最もお勧めしている勉強法です。

お勧め勉強法はこちらから