武蔵野美術大学通信教育課程の口コミを徹底検証!!

武蔵野美術大学通信教育課程の口コミ&評判を紹介します。

武蔵野美術大学通信教育課程の概要

 

武蔵野美術大学通信教育課程は、1、2年次の総合課程と3,4年次の専門課程から成り立っていて、総合課程では授業科目が造形文化科目と造形総合科目とで構成されていて、造形の基礎から学んでいくことが出来ます。

 

専門課程では4学科9コースの各分野に分かれて専門的な知識と技術を学び、表現力を高めていくことが出来ます。

 

必用な単位を修得して卒業すると学士の学位も修得することが可能です。専門課程で分かれている学科は芸術文化学科とデザイン情報学科、工業デザイン学科、油絵学科の4つです。さらに文化支援コース、造形研究コース、デザインシステムコース、コミュニケーションデザインコース、スペースデザインコース、生活環境デザインコース、版画コース、日本画コース、絵画コースとに分かれ、それぞれの目標や夢に合わせた勉強が出来るようになっています。

 

ここからが重要

 

キャンパスは吉祥寺校に通信教育課程の本部が設けられています。

 

週末にはスクーリングが行われるので、通信教育課程の学生にとっては一番通うことになるのがこの吉祥寺校になるかと思います。

 

他にも新宿サテライトに新宿教室が開設されていて、デザイン系のスクーリングにも使われています。

 

 

武蔵野美術大学通信教育課程の評判

 

口コミ1 女性

 

 

既に30近いおばさんになりつつあるのですが、武蔵野美術大学通信教育課程を考えています。

 

私のような年齢の方でも書類を出せば入れるらしいので、入学しようかと思っていますが、勇気を出せずにいる状態です。

 

卒業生の方に聞きたいのですが、ここって若い人ばかりで私のような30近い女性はいないものでしょうか?

 

ちなみに、高卒で仕事を始めたので飛び級みたいなのは無いと思います。

 


 

口コミ2 女性

 

 

武蔵野美術大学通信教育課程を卒業したのですが、色々と問題があってスクリーニングに通信教育課程ではない人が混ざっていることもありますね。

 

ここは老舗って言うのが一番いいところではないでしょうか?

 

何となくブランド的な物を自分で感じてここを選びました。

 

まあ、通信の方ですけどね。でも、内容は普通のとも大差ないと聞いているので気にしません。

 


 

口コミ3 女性

 

 

武蔵野美術大学通信教育課程は、教授にはかなりやられた感があります。

 

「君の考えは分からないとか・・・」そういうこともありました。

 

でも、それなりの教授が揃っているし、いいところだとは思います

 

あと、普通の学校の授業が退屈で美術とかの授業の方が楽しい人には通信でもお勧めですね

 


 

口コミ4 女性

 

 

スクーリングを除けば生徒間同士の交流は少ないのでスクーリングだけは大事にした方がいいと思います

 

でも、武蔵野美術大学通信教育課程を受講する人は美術に対するモチベーションも高いので大事に交流した方がいいと思う

 

問題もあって、小学生じゃないから簡単に仲良くなれない事も多いんですよね・・・。

 


 

資料請求はこちらから

 

効果的な勉強方法を知りたい

もっと記憶力を良くしたい

そのような方はこちらをお勧めします。

当サイトで最もお勧めしている勉強法です。

お勧め勉強法はこちらから