試験は暗記が9割の感想と評価

試験は暗記が9割の感想と評価をまとめました。

試験は暗記が9割の概要

 

試験は暗記が9割は、2014年3月に朝日新聞出版から出版された新しいベストセラー本です。

 

著者の碓井孝介氏は偏差値35からオリジナルの暗記テクニックによって公認会計士試験に合格をするという経歴を持ち、この暗記テクニックをこの本で伝授しています。

 

第一章から第六章までの六つの章によって構成されていて、第一章のテーマは試験に受かる覚え方、第二章のテーマは膨大な情報を覚える技術、第三章のテーマは試験に受かるための暗記テクニック、第四章のテーマは覚えるためのアウトプット学習法、第五章のテーマは暗記した知識を試験会場に運ぶための逆算スケジュール、第六章のテーマは試験に受かる一割の工夫となっています。

 

ここからが重要

 

ポイントは理解をするよりもとにかく暗記をするという学習スタイルにあります。

 

かといって理解をしなくても良いということではなく、暗記をしていくうちに理解出来てくるというからくりのようです。

 

あとは頭文字を並べて覚える、量の多い情報を一問一答にするなど、覚え方や暗記についてのテクニックがわかりやすく書かれているので、受験生にもぴったりの一冊だと思います。

 

 

試験は暗記が9割の感想と評価

 

感想1 30代男性

 

 

試験は暗記が9割の著者の碓井孝介さんが言っていることはかなり納得が出来ます。

 

この勉強法ができなかったらから、私は勉強が苦手だったとも思いました

 

高校生とかで出会いたかった本ですね。

 

学生の方であれば読んでおいて欲しいです。

 


 

感想2 20代男性

 

 

確かに暗記力って試験の9割が左右されると思う

 

数学とかでもやっぱり、方程式を憶えたりするし、国語とかでも感じを憶えたりと特に記憶に関するものが多いと思いました。

 

人によっては、記憶力ばかりを重視する教育現場を問題視する人が多いようだけど、現在の教育はそれがルールになっているから仕方がないですね。

 

本屋で読みごたえがあったので、思わず買ってしまった本です。

 


 

感想3 40代女性

 

 

これを実践するには、かなり大変だと思う

 

試験は暗記が9割っていうタイトルはソフトだけど、この通りに行動を起こすのはかなりハードでほとんどの人が挫折すると思う

 

極めるレベルが高すぎてしまって嫌になると思いました。

 

だけどマスターすれば資格勉強などにも強力に使えると思う

 

学生のうちに身に付けたい技術ですね。

 


 

感想4 10代男性

 

 

自己啓発書とか好きで読んでいますが、読みごたえがあっていい本だと思う

 

将来は経営者になりたいと思うので、勉強とかしていますね

 

でも、何をやればいいかと聞かれると全然分からないので、とりあえずこういった勉強法とかを憶えるようにしています。

 


 

試験は暗記が9割はこちらから

 

効果的な勉強方法を知りたい

もっと記憶力を良くしたい

そのような方はこちらをお勧めします。

当サイトで最もお勧めしている勉強法です。

お勧め勉強法はこちらから