記憶力の鍛え方

記憶力の鍛え方について

記憶力を鍛える方法というのは昔から色々な方法が言われてきました。

 

よく聞くところでは人間の記憶は基本は左の脳で文字や数字としてほとんどが記憶されると言われているのですが、記憶に一般的に司られていない右脳を鍛えると良いという話を聞くことがあります。

 

右脳は本能とか感覚的にすぐれた部分です、ですからイメージとして物を覚えると良いのだという考え方となります。

 

また、記憶力を高める方法としては他にも日頃から好奇心を持って何でも関わってみること、目で見るよりも耳で聞いて覚えて、それを人に説明してみること、後日、その記憶がどこまで覚えているか自分で書き出して確認してみること、これらを反復すること、継続することが記憶力アップの鍵だという話もあります。

 

要はボーっとして生きるのではなく何にでも興味を持って生きていつも覚えると言う気持ちを持って反復することが大切なのだということなのです。

 

そして、健康であること、睡眠時間をしっかりととる事。一日せめて6時間から8時間は睡眠時間はとりたいものです。睡眠は全ての基本なのです。

 

あと、最近では記憶力に関して様々な流派が存在します。

 

右脳がカギだとか、左脳が大事、右脳と左脳の両方をつかって勉強することが大事だ。など、人によっていう事は様々です。

 

割とセミナー誘導や高額な教材への誘導が目的になっている場合があり注意が必要と言えます。

 

しかし多くの記憶術などの場合は、感覚的に掴めなくて結局、覚えようとしただけ時間の無駄になってしまうこともあるでしょう。

 

そういったセミナーは高額ではありますが、安いと言う人もいて賛否両論です。

 

セミナーを受けても使いこなすには時間が掛かったりする場合もあります。

 

記憶力の鍛え方については、色々な方法があるということだけ、ここでは覚えておいてください。

 


 

効果的な勉強方法を知りたい

もっと記憶力を良くしたい

そのような方はこちらをお勧めします。

当サイトで最もお勧めしている勉強法です。

お勧め勉強法はこちらから