偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法の感想と評価

偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法の感想と評価を紹介します。

偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法の概要

 

偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法の概要は杉山奈津子さん著の新書となります。

 

東京大学を目指していた著者が、模擬試験では偏差値29の判定がでました。

 

もちろん、東京大学合格なんて夢のまた夢ですよね。

 

ところが、著者は結果として東京大学に合格をしてしまいます。

 

いったい、どのようにして偏差値29から東京大学合格までの学力を身につけたのでしょう。

 

答えは独学。予備校などへ通ってもムダと著者は叫んでいます。

 

 

偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法の効果

 

独学で学んでこそ覚えることが出来て、知識も身につけることが出来るのだということなのです。

 

確かに押し付けられた勉強を行っても身にならないのは実感として誰もが感じるところです。

 

自分なりの勉強方を見つけることができて、押し付けでない独学での勉強が出来たとしたならば確かに身につく勉強が出来るはずです。

 

そんな著者が編み出した合理的で時間を短縮できる勉強方をこの本では紹介しています。

 

だらだらと長時間勉強するよりも短時間で質を高めた勉強方法を教えてくれる一冊となっています。

 

受験勉強や資格取得の勉強にも役に立つような勉強方法が満載です。

 

タイトルのインパクトからも本屋で偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法を手に取ってしまった方も多いのではないでしょうか?

 

 

偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法の感想

 

感想1 30代男性

 

 

若い頃は我武者羅に勉強した感じもあったけど、中々成績が伸びずに苦しんだ時期もありました。

 

その後、色々な気付きがあり難解な資格を会社で一人だけ合格したこともあったわけです。

 

偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法を読むと何故、昔の勉強法がダメだったかがよくわかる内容です

 

成績に伸び悩んでいる学生さんに読んでもらいたい一冊だと思いました。

 


 

感想2 30代女性

 

 

同じ女性としてすごく共感できる内容でした。

 

偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法を読んで自分もおばさんにはなってしまったけど、まだ出来る!!と勇気をもらいました。

 

男性の方よりも、女性の方で頑張っている人に読んでもらいたい内容です。

 


 

感想3 10代女性

 

 

前作はすごい!!って思ったんですけど、内容が被っている所もあり新鮮味がありませんでした。

 

偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法についてですが、前作を持っている人には特に読む必要はないと思う

 

でも、がけっぷちの追い詰められて頑張った所はよかったと思いました

 


 

感想4 40代男性

 

 

娘に読んでもらおうかと思って購入したのですが、何となく親が変な横槍を入れるよりもそのまま頑張ってもらった方がいい気がしてきました。

 

学生であればやっぱり、我武者羅に頑張るのも一つの選択肢だと思うし、下手に押し付けると反抗したりするでしょう。

 

それを考えれば、まず私が読んで役立てるのが賢いかなと思いました。

 

英語でもこの年から覚えようかと考え中です。

 


 

偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法はこちら

 

効果的な勉強方法を知りたい

もっと記憶力を良くしたい

そのような方はこちらをお勧めします。

当サイトで最もお勧めしている勉強法です。

お勧め勉強法はこちらから